交通事故慰謝料は弁護士

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の慰謝料に関しては、増額して請求したくなる場合も多いです。相手の明らかな過失で自分が損害を受けた場合は、慰謝料の請求も考えていくことが必要となります。

慰謝料このサイトでは、それらの交通事故に関する慰謝料の中でも、特に増額させる方法などについて解説します。本来、交通事故の場合は警察に連絡して、保険会社に任せて終わるということも多いです。ただ、相手が悪質だった場合は、慰謝料を請求したくなることも多いでしょう。例えば、相手が一方的に信号無視をして突っ込んできたり、スピード違反で衝突してきたりすることもあります。その場合は、保険会社で適当に対処してもらって終わらせるという方も多いです。しかし、それらの過失が相手に一方的にある場合は、慰謝料請求も考えないとダメです。そういう事故を起こす悪質なドライバーは再犯率も高くなります。そういう点も加味して、しっかりと慰謝料を請求していくことが必要です。

もしかしたら自分の命が絶たれていたかもしれないですし、物損ももっともっと大きくなっていたかもしれません。そういう状況を加味して、その負担分を慰謝料として請求することができるのです。保険会社なども、実際は過失の大きさなどで対処するかどうかを決めていることが多いです。それらの専門知識は持っていない方も多いので、極力は弁護士に相談して話を進めていくことが重要となります。慰謝料を増額したいのなら、必ず相談することをおすすめします。

Published by