専門弁護士へ相談

慰謝料の増額を望むのであれば、自分で解決しようとせず、弁護士への相談をおこなってください。そもそも事故を起こされたとしても、その場で「訴えてやる」と叫んだところで、何もできないことが多いです。正式に相手に対して慰謝料を求める場合は、専門知識がある弁護士などを介さないといけません。多くの交通事故は、結果的に起こした側と起こされた側が保険会社と警察を通じて、温和に解決する場合が多いです。それで納得できる場合は、それでも良いでしょう。しかし、実際には悪質なドライバーも多く、なかなか納得できない場合もあります。

相談そういう場合には、弁護士に相談して対応してもらうようにしましょう。相手が悪質な運転をしていればしているほど、慰謝料の金額も大きくしていくことができます。再発防止のためにも、そうやって勇気を持って慰謝料を請求できる人が必要です。事実、悪質なドライバーは何度も同じような事件を起こすことがあるのです。そうなれば、他の人の命を奪うことにも繋がるかもしれません。そうなってしまっては、自分が起こされた事件にも納得できなくなることが多いでしょう。そこは確実に弁護士に相談することで、慰謝料を増額して請求しましょう。相手が悪質なら、その慰謝料も求めることができる可能性が高くなります。ちなみに、交通事故相談を行う弁護士法人アディーレでは、無料相談を行っています。相談料がなんどでも無料ですので参考にしてみてください。

慰謝料の増額は可能?

慰謝料の増額というのは、そもそも可能なのでしょうか。実際はその点が疑問になっている方も多いかもしれません。結論から言うと、慰謝料請求の増額に関しては、可能と言えます。特に相手がかなり悪質なドライバーだった場合などは、その慰謝料もさらに増額させていくことが可能です。逆に言えば、普通の衝突事故や接触事故くらいであれば、相手に高額な慰謝料を求めることはできません。ただ、例えば相手が信号を無視して突撃してきた場合やスピードを超過した状況で激突してきた場合などは、より高額な慰謝料を請求することも可能です。生きていた場合は良いかもしれませんが、状況によっては自分が死亡していた可能性や身内が死亡していた可能性もあります。

弁護士そういう点も加味して、しっかりと慰謝料請求していくことが必要となるのです。また、相手によっては保険に加入していないような悪質なドライバーもいます。保険に加入していないということは、本来対応してもらえるだけの金額も対応してもらえないことが多いのです。そうなると事故を起こされた側が損をするだけになります。そこで泣き寝入りすることはやめましょう。しっかりと戦う意志を見せて、上手に弁護士と相談して慰謝料請求していくことが必要です。また、死亡していたかもしれないという状況であれば、トラウマやPTSDなどのメンタル面も加味して請求することが可能です。肉体面と相談しながら、慰謝料請求に活かしてみてください。

交通事故慰謝料は弁護士

交通事故の慰謝料に関しては、増額して請求したくなる場合も多いです。相手の明らかな過失で自分が損害を受けた場合は、慰謝料の請求も考えていくことが必要となります。

慰謝料このサイトでは、それらの交通事故に関する慰謝料の中でも、特に増額させる方法などについて解説します。本来、交通事故の場合は警察に連絡して、保険会社に任せて終わるということも多いです。ただ、相手が悪質だった場合は、慰謝料を請求したくなることも多いでしょう。例えば、相手が一方的に信号無視をして突っ込んできたり、スピード違反で衝突してきたりすることもあります。その場合は、保険会社で適当に対処してもらって終わらせるという方も多いです。しかし、それらの過失が相手に一方的にある場合は、慰謝料請求も考えないとダメです。そういう事故を起こす悪質なドライバーは再犯率も高くなります。そういう点も加味して、しっかりと慰謝料を請求していくことが必要です。

もしかしたら自分の命が絶たれていたかもしれないですし、物損ももっともっと大きくなっていたかもしれません。そういう状況を加味して、その負担分を慰謝料として請求することができるのです。保険会社なども、実際は過失の大きさなどで対処するかどうかを決めていることが多いです。それらの専門知識は持っていない方も多いので、極力は弁護士に相談して話を進めていくことが重要となります。慰謝料を増額したいのなら、必ず相談することをおすすめします。